施設概要

設立趣旨

  • 「介護老人保健施設 こまち」は、元来の介護老人保健施設の機能に加え、認知症も含めた心身のリハビリテーション、病院併設を生かした体調不良時の速やかな対応を特徴とし、近隣の施設との連携を大切にしながら医療と在宅サービスとの橋渡しを担って行きたいと考えております。
    地域の皆様の健康生活に貢献できる様、職員一丸となり努力して参ります。

ご挨拶

医療法人社団藤和会 理事長 佐藤 一守

理事長ご挨拶

介護老人保健施設「こまち」は、平成24年3月に開設しました。
「こまち」所在地の厚木市小野は、古くから小野小町にまつわる伝説が多く伝えられ、近くに小町神社があります。また、通所を含めると常時130名余りのご利用者の方々が生活する小さな街をイメージし、施設名を「こまち」に決めました。
隣地の厚木佐藤病院と連携し、急変時すぐに対応できるのが併設型の強みでもあります。
私達は、身体が不自由になったり、認知症になったらきっと戸惑いうろたえるでしょう。そんな時、最後の砦として心の支えになるのは、「人としての尊厳」です。「鳥は空を飛び、魚は水に泳ぎ、人は社会の中で歩いて生活する」ものです。個人として社会に認められ、自分の意思で動けることこそが尊厳につながると信じ、「こまち」ではそのような空間の提供に心掛けています。
「地域と医療をつなぎ、自立した生活のかけ橋に」を基本理念とし、ご利用者の方々と心の通じ合える豊かな関係を築きつつ、自立のお手伝いができるよう職員一丸となり努力して参ります。

医療法人社団藤和会   理事長  佐藤 一守

 

基本理念

  • 地域と医療をつなぎ自立した生活への懸け橋に
  • 細やかな気配りのあるサービスで、毎日の生活の向上に向けてリハビリに取り組み、地域の中で充実した生活が送れるよう支援します
  • 介護老人保健施設こまちは、「地域と医療をつなぎ自立した生活への懸け橋に」を基本理念に挙げ、介護老人保健施設こまちを利用するご利用者様には自立した生活へ向けての様々なサポートを行い、リハビリテーションに取り組んでいただき、自宅に戻り健やかに生活していただけますよう努めてまいります。また、利用者様をはじめご家族様、地域の方々、支援するスタッフ等、多くの方が笑顔になり、「こまちを選んでよかった」「こまちでサービスを受けたい」と喜んで頂けるよう、日々研鑽を積んでまいります。

施設概要

所在地 〒243-0125  神奈川県厚木市小野 763-1
構造規模 鉄筋コンクリート造・地上 3 階建
延床面積 4399.64 ㎡
入所定員 100 名
一般棟 50 床 個室 10 室
2 床室 2 室
4 床室 9 室
認知症専門棟 50 床 個室 6 室
4 床室 11 室
通所定員 40 名
併設施設 厚木佐藤病院 182 床
こまち訪問看護ステーション
こまち居宅介護支援事業所
  • 施設正面
    施設正面
  • 施設全体 夜景
    施設全体 夜景
  • 1階ラウンジ
    1階ラウンジ
 
  • 4人部屋
    4人部屋
  • 個  室
    個  室
  • 足湯 夜景
    足湯 夜景
 
  • こまち館内図1F
    こまち館内図1F
  • こまち館内図2F
    こまち館内図2F
  • こまち館内図3F
    こまち館内図3F